ウェブ | 画像 | 地図

社会的制裁

法律ではなく、社会の構成員から罰や対抗措置、嫌がらせなどを受けること。マスコミによる実名報道、ネットユーザーによる炎上、晒し行為、村八分なども社会的制裁の一例。

記事一覧

  • 自説|何事も「余裕」がなければ、まともな判断を下せない

    2017年03月27日 |カテゴリ:自説

    何事も「余裕」というものが大事だ。余裕さがなければ人はまともな判断や人のために判断をすることができない。災害が起きた時を考えてみればいい。いざ自分の命が失われようとしたら、それまで冷静に他人を慮って行動していた人たちが途

  • 自説|「悪人」を本質的に考え続けることは反社会的なのか

    2017年01月29日 |カテゴリ:自説

    「正義と悪」。このテーマは人類が解決することができない永遠のテーマのひとつだ。文学でも映画でも数多くの作品に「正義と悪」が取り上げられ、テロが世界で頻発するこの世界情勢で、生活するなかでも「正義と悪」について考える機会が

  • いじめの実名報道は断固としてすべきでない

    2017年01月6日 |カテゴリ:マスメディア, 教育, 社会

    大きな社会問題となっているいじめ問題。いじめ自殺をする中学生や高校生が頻繁にニュースで取り上げられ、ネット上では加害者を特定し社会的な制裁を加える動きが活発化している。少年法では、少年に対する実名報道は認められておらず、

  • 自説|実は宗教的な日本人

    2017年01月4日 |カテゴリ:自説

    日本人は無宗教が多い。もしくは、熱心な宗教信者は少ないと言われている。イエス・キリストの誕生を祝う「クリスマス」は冬のイベント・風物詩でしかなく、「バレンタイン」も日本独自の文化となりチョコレート業界 (さらに&hell

  • 自説|まともな人間とはなにか

    2016年12月16日 |カテゴリ:自説

    これまでの空虚な人生を振り返ると、大きく分けて2つの段階に区分することができる。1段階目は物心ついた幼少期から20歳にかけて、他人からの評価を得ることに自らの存在価値を見出していた時期。2段階目は20歳から現在まで、「自

SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
SHIGEFIKAグループ