好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

自説|実は宗教的な日本人

日本人は無宗教が多い。もしくは、熱心な宗教信者は少ないと言われている。イエス・キリストの誕生を祝う「クリスマス」は冬のイベント・風物詩でしかなく、「バレンタイン」も日本独自の文化となりチョコレート業界を潤した。一見、日本人はあまり宗教を意識せずに生活しているように見える。しかし、筆者は、日本人がかなり宗教的な民族だと考えている。

 

学術的な宗教の定義は諸説あるため、ここでは宗教の定義を簡単に「絶対的な存在から教えられる教義を信じ、一切疑うことなく、その教えに基づいて行動すること」とする。実際の宗教でも、絶対的な神や仏などがシンボルとして存在し、信者たちはその神の仏の教えに従って活動・信仰している。不備はあるが、定義には合致している。

 

では、日本人のどこが宗教的なのか。それは「常識」を絶対視しているところにある。もっと宗教に例えて言えば、私たちは社会という絶対的な存在があり、その教えは常識である。多くの人が常識を疑うことがなく、常識はずれとされるひとを疑う。常識という教えを信じこんでいるからだ。

 

社会という絶対的存在は、一人一人の個人である。KYなどに代表される空気を読むことを求められる日本では、個人が集まった集団=社会を最優先する。そして、お互いが神様や仏様のように監視しあい、常識から外れた人間を非難したり、仲間はずれにすることで罰を与えるのだ。外国人がなぜ日本は無宗教なのに治安や秩序が保たれているのかと不思議がるが、それはひとりひとりが神様や仏様のように目を光らせ、お互いを尊重しなければならないシステムが構築されているからだ。

 

この「社会教」とも言える宗教的なものは、決して悪いことばかりではない。先述したように秩序維持には大きな役割となっている。全員が教義に従い、同じ方向を向くことを良しとするため、教義から離脱しようとすれば(社会的)制裁を自然と行うのだ。信者である我々日本国民は自ら、誰からも頼まれずとも秩序維持に奔走する。政府は楽なものである。

 

弊害といえば、当然生きにくく、精神的にゆとりのない世界だ。個性も失われ、画期的な考えもうまれにくい。常識の枠内でしか発想も行動もできないからである。そもそも好みも考えも違う人間を枠の中にはめこもうとするのに無理が生じるのだ。

 

しかし、もっと社会最優先な社会から、自分を大事にしてもいいのではないか。常識を疑う哲学を日本人はもっと持つべきではないのか。息苦しい人生から自分を救うには、自分をもっと大事にするべきだ。宗教は良い面も悪い面も存在し、必ずしも絶対的なものではない。とことん常識を疑って、それでも常識のほうがよければ常識を守り、常識より自らの哲学がよければ常識を破ればよいのだ。

 

物事を自分自身で正しいか、悪いかも考えることが出来ない。ただ社会から教えられた常識から外れているだけで「悪い」と言ってしまう思考停止を、そろそろ辞めるべきではないか。「なぜ?」と人から聞かれた時に、本質を追求することを忘れ、自分なりの答えを出せず、「常識だから」と答えてしまう人たちは、社会教に属してしまっていることに気づくべきである。


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ