好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

自説|逃げるのは是か否か、新たな環境がはじまる4月前に考える

桜の花も咲き始め、もうすぐ出会いの季節である4月がやってくる。先日、無事学校を卒業された方には改めて祝意を表したい。これから新たな環境で自らの力を思う存分発揮し、各分野・各環境で活躍されることを願ってやまない。

 

希望に満ちた文面で送り出したいところだが、現実は厳しいものだ。新たな環境に適応し、順風満帆な生活を歩む人間もいれば、環境に合わずドロップアウトしてしまう人間もいる。そもそも新しい環境=大きな環境の変化は、それだけで人間にとって大きなストレスになると言われている。そのストレスに耐えられなくなると、「逃げる」という選択肢を取るか取らないか迫られることになる。「逃げるか、逃げないか」。人生を歩む中で必ずぶち当たるこの壁に、今回は考えを至らせたい。

 

筆者自身は逃げの人生を歩んできた。中学で不登校、大学も不登校になって中退。引きこもりになってようやく社会復帰しようとしたが、劣悪な会社の環境に耐えきれず3ヶ月で退職した。履歴書を書く度にため息が出るほど「逃げる」という選択肢を取り続けてきたのである。

 

その結果として就活時に「すぐに逃げそうだから採用するのは難しい」と採用担当者から見られてしまうことになった。自分自身にとって大きな負の面になっているのは言うまでもない。実際に逃げの人生を歩んできたわけであるから、採用担当者は妥当な判断をしている。私自身も採用担当者の立場なら採用しないだろう。

 

このように「逃げ続ける」と大きなリスクが待ち受けている。これは私が言わなくても誰もが知っていることだろう。だが、考えて欲しいのはここからだ。この経験から派生して「逃げることが悪い」「逃げないことが良い」という考えに至るのは注意が必要である。

 

私のような逃げ続けた人間も、逃げないことをよしとする人間も、どちらにとっても問わなければならないことは、逃げることそのものの是非よりも、「逃げるべき環境にいるのか」を客観視して自分自身に問うことである。逃げる行為そのものだけで正しいとか間違っていると判断してはならない。

 

私の例で言えば学生時代に逃げ回ったツケを挽回するべく、職場では逃げずにいるべきという仮の正解があったとする。しかし、昨今の労働環境の劣悪さや、過労死が社会問題となっている現代で、その正解を求め続ければ精神的に追い詰められてしまう仮の不正解も同時に存在するわけだ。そして「逃げる」という判断を自身で下してしまった時に、それが逃げるべき正当なものだったのか、ただの自身の甘えによるものなのかを客観視して見極める能力が求められる。

 

他人の視点は常にすべてを知ることはできない。どれだけ劣悪な環境だったから逃げ出したとしても、それは体験していない他人にはわからない。過去を見ただけで、「本人の性質」と受け取られることも多い。そうなればどれだけ劣悪な環境でも逃げないことが正しいというのが正解になり、不正解と証明するには精神疾患になるまで追い詰められて入院するしかないのである。本来追い詰められて入院するのは不正解なのだから逃げるのが正しいはずなのだが。

 

一方で自分自身で判断するときは逃げる理由を探して正当化してしまう「甘え」も確実に存在する。そのバランスを取るには「逃げたい」という考えになった時に、自分自身を客観視して「逃げるべき理由があるのか」「甘えているだけなのか」を問いかける必要がある。この客観的に見ることができるかという点が、自己管理に優れた人間であるかの一つの指標となる。これができなければ「逃げを正当化する」「逃げないことが良い」という極端な思考に陥って、私のように逃げ回って自身の首を締める人生を送るか、逃げるべきときに逃げられずに自分自身を精神的に追い詰めてしまうことになりかねない。

 

自分自身をしっかり客観視することは相当難しいことだ。言うのは簡単だが、並大抵にできることではない。それでも「逃げるか、逃げないか」という人生で必ず訪れる場面で、客観視するべきところだなと意識するだけでも変わるのではないだろうか。この暗澹とした社会で学校では教わらない必要なスキルであるはずである。私自身を反面教師として、新たな環境で活かしていただければ幸いである。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ