好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

自説|”良い子”には、様々な弊害がある

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

 

筆者は小学生の頃から「良い子」と言われて生きてきた。先生からも、友達の保護者からも、「○○くん(私)なら任せても大丈夫」などと信頼を受けていた記憶がある。私自身も当時から「良い子」でいなければいけないと思っていたし、自分で言うのもおこがましいが、周囲から見て優等生であったように思う。誰にでもなるべく平等に接し、ケンカをすることなど殆ど無かった。無論、自分自身が我慢をしていたことも多々あったが、それでも大人や周囲からは「良い子」だと持て栄され、私は「良い子をやめる」選択肢すら持つことはなかった。

 

しかし、「良い子」で居続けることは思った以上に大変だった。良い子のイメージが一度定着すると、ちょっとしたことでも途端に評価はがた落ちになる。それを維持しなければ、私はこの社会から認められないとすら感じていた。結果、私は学校や外に出るたびに人並み以上に気疲れを引き起こし、学校に行くのも、外に出るのも嫌になっていった。

 

その当時どんな状況だったかというと、自分の意見を言えない、どんな相手でも受け入れる、手を挙げる時は一旦周囲を見て大勢のほうに挙げる、誰も見ていないところでも汚れているスリッパを揃える、先生から怒られないような行動を常に意識するなど、まるで私には”個”というものはなかったし、外に出ると息つく暇もなかった。それにより確かに多くの人間と仲良くすることは出来たし、信頼を得ることは出来たものの、それ以外に私が得たものは皆無であった。

 

世間が求める良い子は、”自分”というものが置き去りにされてしまう。今は自分というものを持っている人だとたまに言われるが、当時の私に自分というものはあったのだろうか。全く無かったことはない。だが、少なくともそれを表に出せる状況ではなかったのは事実だ。

 

こうした良い子は子ども時代には認められるが、大人になり社会に出たときはどうだろうか。自分で考える考察力、考えたことを発表する勇気、流されず自分を貫き通す力、行動力や挑戦するチャレンジ精神など、良い子なままでは敬遠してしまうような要素が仕事に就いた社会では必要になってくる。自衛をすることに必死な良い子は、こう言ったスキルを育む機会を失いやすい。まさに”良い子の弊害”だ。

 

だからこそ私は、以前の記事(ヒトのええ加減さと、最も評価すべきヒト/友達が多いことはいいことだが、友達がいなくてもやっていける人は強いなど)でも書いているように、「変人」であっても、「友達が少ない人」であっても、”自分を持った人間”が大事だと以前より訴え続けているのである。小学生や中学生などの頃は、”悪い子”でいたほうが遥かに将来に繋がるかもしれない。その方が失敗もするし、自分で考えることも出来るし、人の視線を気にすることもない。

 

一度”型”にはめられ、評価されていると、そこから脱することには相当な勇気が必要である。だが、周囲から嫌われても、評価ががた落ちになろうとも、いずれは”良い子”から脱しなければならないのだ。私自身もここ数年で大きく変化をした。人から嫌われるかもしれないが堂々と意見をいうまでに至ったし、今付き合っている人間からすると、「優等生だったなんて信じられない」と言われるかもしれない。

 

未だに私のことを「良い子・良い人」と思っているであろう当時の人との関係を切ってでも、自分らしく過ごせる今を大事にしていかなければならないし、また私は1から自分自身を作り上げていかなければならない。もし、私と同じ境遇で「良い子」と言われていることにアイデンティティーを感じ、気疲れしている子ども達がいるならば、直ちに良い子を捨てよと言いたい。

 

仮に現在良い子を捨てられないならば、高校や中学に進学したときに自分自身を変えても良い。そうすると「○○デビュー」などと嘲笑されてしまうかもしれないが、環境の変化によって自分が変化するきっかけを掴めるならばそれで良い。むしろそれは適応能力があると言ってもいいだろう。さっきから言っているように気にしすぎたらいけない。嘲笑してくる人間にあわせてしまうと、まったく碌なことがないということだけは私が保証する。

 

もし可能であれば、今までの人間関係、現在の環境を切り捨て、遠くの知らないところにひっそりと行って新しい人生を切り開いていくことも、選択肢のひとつとして持っておいても良いだろう。それで自分らしくいられる場所を切り開いていけるならば、それは”正しい選択”だ。

 

また良い子に育てようとする親がいるならば、私はこの記事を通して良い子に育てることの危険性を訴え、警鐘鳴らしたい。”自分らしくいられること”が子どもにとって最も良いことであることを、多くの方に知って頂きたい。

 


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ