好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

<MXニュース女子報道問題>東京新聞長谷川副主幹「言論の自由に対する侵害だ」

ニュース女子に出演する長谷川幸洋氏=1月2日の放送

東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)で放送されている番組「ニュース女子」が、一方的な内容を放送したとして批判されている問題で、同番組の司会を務める東京新聞の長谷川幸洋・論説副主幹は6日、「番組の中身については今日はあえて論評しない」と述べた。コメンテーターを務めるニッポン放送の番組で語った。東京新聞が同紙の報道姿勢は異なるとして、謝罪記事を掲載したことについては「言論の自由に対する侵害だ」と非難した。同番組は沖縄米軍基地建設反対運動を取り上げた際に、基地反対派の人間が日当をもらっているなどと報じ、市民団体などから「虚偽報道だ」と批判を受けていた。

 

長谷川氏は、番組の責任は制作した「DHCシアター」と放送したMXテレビの2つの会社であると指摘した上で、「そこがそれなりの態度をすでに示している」「私は出演者、司会という立場で出演しているので、そういう立場ではこの番組についてコメントするということは今日は差し控えたい」と話した。

 

しかし、「問題は東京新聞なんですね」と切り出し、東京新聞が2日付朝刊1面で「『ニュース女子』問題 深く反省」とする記事を掲載したことについて批判を展開した。まず「私これ見たときビックリして。ニュース女子と東京新聞は全く関係ないのに、なぜ深く反省するのか」と同紙の姿勢を疑問視。「私が副主幹で出演していることが問題だと。それについて『重く受け止め対処します』という文言は、不始末を起こしたので処分しますというニュアンスだ」と指摘した。その上で「確かに番組で取り上げた議論と、東京新聞の報道姿勢は違う。私自身も(同紙の主張とは)違う。でも(主張が)違うという理由で私を処分するというのは、言論の自由に対する侵害だ」と非難した。

 

さらに「新聞が社説で訴えるのは何を訴えても自由だ。でも社説を出す途中の過程では様々な議論があるし、異論ももちろんある。そういう中で結果として出てくる東京新聞の報道姿勢と、私が社内あるいは社外で発言することが違っていたって何の問題もないし、そういうことを保障すること自体が言論を自由を守るということだ」「今回は私が『副主幹として司会をしていたことを重く受け止めて』ということだが、これははっきり言ってとんでもない問題だ」「外のメディアで言ったことについて、私を処分することを許せば、これから東京新聞の記者たちは外で自由な発言ができなくなる。東京新聞の報道姿勢に沿ったことしか言えなくなる。北朝鮮状態になってしまう」と訴えた。

 

その後リスナーから「東京新聞をやめるんですか」との質問に対し、「結論からいうと、こんなことになってしまったからには私からやめるなど500%ない」「だって、やめるわけにはいかないじゃない。言論の自由を侵害するようなことを(論説)主幹が書いて、はいわかりました辞めますなんて。私の口から口が裂けてもいえない」と話した。また、東京新聞から「内示のようなもの」を受けていると明かし、「公表されるのはこれからなので、公表がどうなるかわからない」という。

 

東京新聞は今月2日に、深田実・論説主幹名入りで「(番組)内容が本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なる」「加えて、事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものではない」「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じている」「とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処する」とした謝罪記事を掲載していた。


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ