好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

初の女性総統誕生、民進党・蔡英文氏が当選ー台湾

 

16日に行われた台湾の総統選挙で、民進党の蔡英文(ツァイインウェン=59)氏が初当選を果たした。これで台湾史上初の女性総統が5月にも誕生する。

 

対中傾斜に国民が「NO」を突きつけた。これまで政権を担ってきた国民党の馬英九(マー・インチウ=65)政権は、経済的な対策として中国との緊密化を計る政策を押し進めてきたが、経済の状況は好転せず、更に若者を中心に対中寄りの姿勢を警戒される結果となった。そして、議会にあたる立法院の選挙でも対中関係の現状維持を訴えてきた民進党が過半数を獲得し、台湾の国民は8年ぶりの”政権交代”の道を選択した。

 

蔡氏は、台湾独立思考が強いとされていたが、今回の選挙では早々から中国との関係を「現状維持」と表明し、国民からの支持を得た。これは前回の選挙で、独立思考による中国との関係悪化を恐れた有権者から支持を獲得出来なかったことへの選挙対策だ。元々、民進党は政権を担っていた国民党が中国と合意した「一つの中国」と言われる92年コンセンサス(九二共識)の存在そのものを認めていない立場を取る。

 

92年コンセンサスとは何か。現在2つの政府が自らを”中国の正当政府”だと主張している。それが中華人民共和国と中華民国(台湾)だ。長らくの間、両者は中国大陸も台湾も自らの領土だと主張し、その立場を頑に貫き対立していた。そんな中、1992年の協議にて、中華人民共和国、中華民国それぞれ中国は一つである(不可分の領土)という認識を共通し、その解釈は台中それぞれ異なることを認める(一中各表)という内容を口頭にて合意したとされている。これが92年コンセンサスだ。だが、中華人民共和国側は、「一つの中国であることを堅持する」(一中原則)ものだとして、双方の主張に食い違いが見られる。

 

蔡氏が持っているとされる台湾独立思想は、この「一つの中国」を否定するもので、中国共産党を刺激してしまうものだ。事実、中国国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光報道官は「1つの中国という共通認識を失えば、台湾海峡両岸の連絡メカニズムは影響を受け崩壊すらしかねない」と述べ民進党を牽制していた。独立の動きが高まれば、台湾海峡における軍事的緊張は一気に高まることが懸念される。”現状維持”をどう具現化するのか、蔡氏にとって難しい舵取りが国際社会から求められている。

 

その一方で、日本に対し強硬な姿勢を崩さなかった馬氏から、日本との関係強化に前向きな蔡氏に総統に変わったことは日本にとって追い風となる。当選後の記者会見で日本の領土である尖閣諸島について「主権は台湾のもの」だとしたが、併せて「この主権上の争いを関係発展に影響させることは希望しない。われわれの間には主権やその他の論争が存在するが、われわれは日本との関係強化を継続する。」と述べた。

 

また中国に依存した経済体制の脱却を図ることを視野に、日本と自由貿易協定(FTA)を結ぶことにも意欲を示したという蔡氏。中国経済が減速する中、TPP参加や様々な国との経済的に協力関係を結ぶことで、リスク分散させたい考えだ。経済的な意味でも、日台関係は台湾にとって重要な意味を持つ。

 

東日本大震災で200億円もの義援金を日本に寄付してくれた台湾は、民間レベルで非常に友好的な状態であり、日本にとっても重要なパートナーだ。現在は政治的な理由から安保理常任理事国である中国と国交を結び、「一つの中国」思想から台湾と正式な国交がない状態であるが、今後も台湾との友好的な関係がより発展することを願うばかりだ。

 


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ