好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

失言しない男・菅義偉官房長官の発言は、本当に失言なのか?

 

菅義偉内閣官房長官(66)の発言が注目を集めている。フジテレビ『直撃LIVEグッディ!』(9月29日放送回)の番組内で、俳優の福山雅治氏(46)と女優吹石一恵氏(33)が結婚したことについてコメントを求められ、「本当よかったですよね、結婚を機にママさんたちが一緒に子どもを産みたいとかいう形で、国家に貢献していただければいいなと思っています」とコメントした。このコメントが”女性は子ども産むことが前提で発言している”と反発を受けているのだ。

 

菅官房長官は、”失言しない男”と言われ、スポークスマンとして内閣を支えてきた。第二次安倍内閣から昨日発表された第三次改造安倍内閣まで、変わらずナンバー2として名を連ねているところをみると、安倍晋三首相(61)からの信頼の厚さが窺える。官房長官としての在任期間も1000日を超え、現在歴代4位。今回第三次改造安倍内閣で、留任が決定したことから、在任期間歴代1位の福田康夫氏(1289日)を超えるのは、ほぼ確実と見られている。

 

そんな菅官房長官が、今回思わぬところから”失言だ”と反発を受けることとなった。その後、定例の記者会見で記者から発言の真意を聞かれ、「まったくそういう(女性は子どもを産むことが前提という)主旨ではない。結婚や出産が個人の自由ということは当然のことだ。政府としては子どもを産みやすい、育てやすい社会を作るのが政府の役割だと思っている。女性の輝く社会を実現するためにこれは努力していくというのが政府の方針」「主旨としては、結婚についてきかれたので、国民の皆さんから見ても大変人気が高いビッグカップルであるから、世の中が明るくなって、国民の皆さんが幸せな気分になってくれればいいなと思った中での発言だと理解して頂きたい」と述べた。

 

しかし、これらの発言に対し、撤回を求めるネット署名を「女性と人権全国ネットワーク」佐藤香共同代表が立ち上げ、その数が1万人に達したという。このネット署名活動は、署名サイト「Change.org」で行われ、佐藤氏によると再来週にも集まった署名を菅内閣官房長官に手渡すとしている。

 

その一方で、本当に失言なのかと疑問を抱く声もある。前横浜市長の中田宏氏(51)は、自身のブログでこの問題に触れ、「官房長官はまず結婚にお祝いを述べ、それなりに言葉を選んで話されたと思います。人権問題だとか、国家のために子どもを産めと強要しているとは全く思えません」「「社会」は少子社会です。私は深刻と捉えています。少なくなる若い世代、他人の子どもが収める納税や保険料で社会システムを賄っていかなければいけない事態は深刻です」「安藤キャスターが「官房長官として」福山雅治さんの結婚っていかがですか?と聞いていますから、常に国のことを考えている官房長官としての発言をしたのであり、人に強要している発言ではないでしょう。言葉狩りをして、何か失言で叩く材料を探すような風潮は止めませんか?」と発言を問題視することに疑問を呈した。

 

筆者も、そこまで問題視する必要はないと考える。確かに誤解を生んでしまうような言い方だったかもしれないが、女性が子どもを産むことは、間違いなく国家としても喜ばしいことだ。中田氏が言うように、日本は少子化。国家として、女性に子どもを産んで頂きたいと思っているのは本音だろう。しかし、この発言から「強制性」は感じられない。ニュアンスとしては、「これを機に一緒に子どもを産んで頂ける方が増えれば、国家として喜ばしいことだ」という主旨だったのではないだろうか。

 

結婚したことをどう思うかという問いに対して、”出産”を絡めてしまったことが今回の誤解を生んでしまう要因になったのだと思うが、記事中で紹介した撤回を求める活動が行われている署名サイト内に「「国家に貢献」という言葉はまさに戦時下で行なわれた「兵力、労力のための人口増加政策」を思わせ、不適切かつ失言です」と撤回を求める理由の1つとして述べられていた。これは拡大解釈ではないかと思う。どう読めば戦時下の兵力、労力のための人口増加対策を思わせるのだろうか。私にはどう読んでも、そういった解釈には至らなかった。

 

スポークスマンとしての役割を果たす官房長官。毎日2回の定例記者会見を開き、その発言は政府の公式見解であることから、日本だけでなく、世界中から大きな注目を浴びる。こうした性質から、注目を浴びやすい官房長官は、誰よりも発言には慎重にならなければいけない。今まで失言が無かった菅氏も、ついに矢面に立たされてしまった。言葉狩りのような拡大解釈など、日本ではむしろ失言しないほうが困難な気がするが、党など関係なく、難しいスポークスマンという役割を全うして頂きたいと願う。

 


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ