好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

「失言しない男」と言われた菅官房長官に逆風
菅義偉ホームページより

(写真:菅義偉公式サイトより)

 


 

今から約2年前、本サイトで「失言しない男」として取り上げた男がいる。安倍政権の右腕として内閣を支え続けている菅義偉内閣官房長官だ。スポークスマンとして記者からの鋭い質問に冷静に対応し、内閣官房長官として在任記録は歴代1位を更新しつづけている。そんな菅氏にも、ついに逆風が吹き始めてきた。

 

【関連記事】失言しない男・菅義偉官房長官の発言は、本当に失言なのか?

 

逆風が吹き始めたのは「加計学園問題」における記者会見での回答だ。5月17日「総理のご意向文書」などと記載された文部科学省の内部文書が朝日新聞で報じられると、菅氏は「怪文書のようなもの」と記者会見で一蹴。しかし、前川喜平前文部科学事務次官が「文書は確実に存在していた」と証言。その後、文部科学省が再調査した結果、一連の文書の存在が確認されたと発表した。

 

また、22日に読売新聞が前川氏の出会い系バーに通っていたと報じると、「(前川氏は)地位に恋々としがみついていた」などと発言。報じた読売新聞も含めて、野党や他メディアなどから「個人攻撃だ」と批判が沸き起こった。

 

これまで抜群の安定感を保ってきた菅氏だったが、加計学園問題の対応以降、その発言の「信用性」に疑問符がつく声が大きくなり始めた。これまでは「その指摘はあたらない」「まったく問題ない」と記者の質問を一刀両断し続け、顔色ひとつ変えずに淡々と対処する姿勢が「抜群の安定感」に繋がっていたが、逆風が吹き始めると途端に「誠実さに欠ける」と見られるようになってきた。

 

今月1日、東京都議選で安倍晋三首相が秋葉原で応援演説を行い、「安倍辞めろ」「帰れ」と大声を挙げる集団を指差しながら、「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と訴えた。確かに演説中にも関わらず、大声をあげて演説の邪魔になる行為は褒められたものではない。しかし、内閣支持率の急落や、都議選の結果から見ても、同じ思いを抱いている一般国民も多いはずだ。それも含めて国民なのである。それを一国の首相が「こんな人たち」と言ってしまえば反発があるのは必至だろう。それを隣で聞いていた自民党幹部や候補者も拍手していたが、イメージダウンするようにしか見えなかった。

 

そして菅氏も「全く(問題)ない」「極めて常識的な発言だ」と擁護した。せめて「主権者である国民に対して『こんな人たち』という言葉は行き過ぎだったと思うが、演説中に大声で妨害する行為は決して褒められたものではない。都議選の応援演説というつい力が入ってしまう状況下で、そういう言葉が出てきたのだろうが、真意としてはそういった行為に対して批判したかったのではないか」と全面擁護するよりも、行き過ぎた発言と認めて真意を汲み取って擁護するべきだったのではないか。

 

もちろんマスコミには「首相のこんな人たち発言、菅長官『行き過ぎだった』」と切り取られて報じられるだろう。しかし、今や官房長官会見は動画として記録され、首相官邸のホームページなどでいつでも見ることができる。一部の「切り取り」を気にして全面擁護するよりも、ダメな部分をきちんと指摘しながら擁護したほうが国民からの信頼は得られ、ダメージも少ない。その意味で。現在の逆風の中で伝家の宝刀とも言える「まったく問題ない」「その指摘はあたらない」という淡々とした回答を減らし、「誠実に見える回答の仕方」に切り替える必要があるだろう。国民からどう見られるかを敏感に察知して、戦略を切り替えることも官房長官として必要なスキルだ。


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ