好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

【映画感想】前に向かって進む健気さと切なさ 秒速5センチメートル

“二度と見たくない”美しい作品
 

昨年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」を手がけた新海誠監督。本作品はその新海監督が制作した2007年公開の短編映画である。映画タイトルは冒頭のシーンでも出てくる「桜の花びらが落ちるスピード」。小学生時代に初恋に落ちた彼女を思いながら、大人になっていく男性を描いた切ない青春劇を描く。

 

(※当記事は作品の内容、物語の核心に迫る記述がされています。ご留意の上記事をお読み下さい。)

 

小説や漫画も出版されているようだが、見たのは映画のみ。視聴したその人自身の人生経験によって、この映画に対する感じ方が大きく変わる作品だった。まさに見る人々がどんな思いを持つのか。お前の人生経験を教えてくれと言わんばかりに、様々な見方ができる。そもそも、映画作品の感想に正解も不正解もなく、その個人の「率直な感想」そのものが適当なのだが、映画ファンという人々は、それぞれの感想に評価を下す傾向にある。だがこの作品は、先述したようにそれぞれが人生経験を思い浮かべ、比較したときに、まったく別の感想を抱きやすく、映画感想としてのあるべき姿が”許されやすい”作品なのではないだろうか。

 

女々しいと言われる筆者が思わず「女々しいなあ」と少し苛ついてしまう、そんな頼り甲斐のない主人公・遠野貴樹。しかし、ヒロインである篠原明里と心通わせるようになったのは、お互いに引っ込み思案なタイプだったからだ。それは「僕と明里は精神的にどこかよく似ていたと思う」というセリフによく表れている。そんな二人は中学も高校もずっと同じ道を歩むと思っていたが、小学校卒業後に明里が東京から栃木へ引っ越しすることになり、無残にもその夢は実現できなくなってしまう。

 

中学入学後、部活に勤しむ貴樹だが、半年後に明里から手紙をもらう。それからしばらく文通し、心を通わせ続ける二人。ところが今度は貴樹が鹿児島へ転校することになった。距離からして会えなくなることを悟った貴樹は、電車に乗って明里の住む駅まで会いにいくことになる。「手紙から想像する明里はなぜか、いつもひとりだった」という描写から、明里は新しい学校に馴染めず、いつも一緒だった貴樹に頼り、孤独な気持ちを穴埋めしていたようだ。

 

大雪のため電車が立ち往生するなど、約束の時間に間に合わず、栃木の岩舟駅についたころには午後10時を過ぎていた。もはや明里は待っていないと思いきや、駅の待合室でストーブに温まりながらウトウトしている明里の姿があった。二人はたわいもない話をしながら、久しぶりの再会を楽しんでいた。「(雪と終電で)帰れなくなっちゃったもんね」という明里の声がどこか嬉しそうに感じられた。電車を動かなくさせ、二人を会わせることを困難にさせた憎らしい雪だったが、ここではずっと一緒にいるための口実になった。

 

二人は少し歩き、桜の樹の下でキスをする。このキスは二人にとって決定的に違う意味を持っていた。貴樹は自分の居場所を見つけた決定機となり、明里は良い思い出の1ページとして覚悟あるキスだった。そんな違う意味を持ったキスだったからこそ、今後の二人の命運を決定的に分けたのだ。その後、高校、大学、社会人と貴樹の姿が描かれるが、ずっと明里を想い続けていた。一方、大人になった明里は別の男性と結婚することになる。なんとも切ない話だ。

 

ベタベタな恋愛要素が満載で、あまり恋愛映画が好きではない私にとっては視聴しはじめたときから不安しか募らなかった。正直、私はこんなベタな恋愛がしたかった。「青春」というものに憧れを抱いていたのだが、中学時代はまさに不登校であり、青春とは無縁の人生を歩んできた。モテモテのバラ色の人生を歩んできた人や、同じような恋愛経験をした人たちにとっては、甘酸っぱい切ない青春ストーリーということになるのかもしれないが、私にとっては人間としての差を見せつけられたような感覚だ。

 

寂しい時だけ時間を共有し、環境が変化し寂しくなくなると別のところへ行ってしまう。そんな苦い経験をしたこともある私にとっては、明里が貴樹を素敵な思い出の1ページとして前を向くその健気さが残酷なように感じてしまう。もちろん明里は悪くないし、過去を乗り越え、現在の幸せを手に入れた彼女の行動は批判されることは一切ない。映画版の過去をいつまでも忘れられない貴樹に比べれば、むしろ評価されることだろう。しかし、彼女に一切非がないからこそ、そして現在幸せだからこそ残酷で切なく感じてしまうのだ。

 

自分が恋愛に対して臆病だったこともあるが、ずっと憧れだったこの学生時代の青春体験は私にはもうできない。モテない人生の私にとっては宿命だったのかもしれないが、恋愛相談を受けながら周りが幸せになっていく一方で、私自身は一向に幸せになれなかった。恋愛成就をして、幸せな体験をした人間もいれば、恋愛とは無縁に生き、青春に憧れを持ったまま実現できずに人生が過ぎていく人間もいる。そんな後者である自分自身に対しても切なさが残った。一瞬でもその恋が成就した貴樹や明里、そしてまだ同じ青春が出来る世代には、嘘をつくことも、かっこつけることもなく、大人げもなく、心のままに素直な感想をいうと、とても嫉妬してしまう。

 

そんな切なさを引き立たせる風景は見事で圧巻だった。アニメーションとは思えないその映像につい惹きこまれた。それがまたノスタルジーとなって、私の嫉妬心を強くさせてしまう。普段は本も映画もドラマも同じものを何十回と見てしまうタイプなのだが、「二度と見たくない美しい作品」と出会ったのは初めてだ。似たような境遇を持つ方にとって、安易にこの作品を見るのは危険であると忠告しておかなければならない。


  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ