好きなことを好きなだけ表現する

個人ニュース、コラム、写真などコンテンツ豊富なオピニオンサイト

TVerの同時配信 地方のテレビ格差是正、さらにはテレビ革命に期待

 

 

在京民放キー局5社が運営するテレビ番組の無料見逃し配信サービス「TVer」が1月20日から24日までの5日間、放送の同時配信サービスに関する実証実験を行うと発表した。同時配信の対象は地上波で放送する平日夕方の報道番組が主となる。

 

今やインターネットを利用して全国民が平等に情報にたどり着くことができる時代になったにも関わらず、NHKを除く地上波放送では「格差」が存在している。例えば大分県ではテレビ大分が「フジ系列」と「日テレ系列」のクロスネット局として、日替わりで2局の番組を放送している。そのため、月曜日は日テレ系列の番組を放送しているためフジテレビ系列の番組が見れなかったり、深夜帯に放送されることがある。金曜日にフジテレビ系列の番組を主として放送している点で「金曜ロードショー」は放送されない。

 

TVerで同時配信が行われるようになると、こうした地方で見ることができない格差を是正することができる。インターネットでのテレビ番組の違法アップロードが絶えないのは、地方では見ることができない番組が存在し、違法アップロードで見なければ視聴できないという「需要」が少なからず存在している面がある。インターネットを中心とした時代となり、インターネットの同時配信の実験がようやく始まったかとかなり出遅れてる感があるのは否めないが、こうした取り組みがはじまったことを歓迎したい。

 

TVerの同時配信が開始されれば、テレビの在り方が変わってくるのではないか。そんな革命的な期待感もある。動画サイトの生配信サービスなどではお馴染みの同じ番組を見ている人のコメントを見ながら番組を見ることができたり、同時配信で見ることが出来なかった人は録画せずとも登録ボタンを押すだけで1週間見逃し配信をみることができたりするのは視聴者にとって大きなメリットだ。今後は地方局もTVerに参画して、地方から全国向けに配信する番組作りを行うこともできる。ラジオ配信サービスの「radiko」のように有料会員になれば東京5局+在住民放局に加えて、エリアフリーで全国の番組を見ることができるというのも面白い取り組みだ。

 

現在は東京5局がキー局として全国向けの番組を制作していて、独自の民放ネットワークに参加するローカル局に番組を渡している。東京5局は全国放送向けの番組を作っているとはいえ、放送電波は関東地域にしか届かない。言わば関東ローカル局だ。全国に届けるためには作った番組を地方局で放送してもらわなければならない。そこで日本最大の経済圏に属する関東の民放5局が全国向けに広告を発表したい企業を募って番組を制作し、地方局に作った番組とネットワーク費と呼ばれるお金を渡している。こうすることでキー局は全国向けに広告をうてるということで、広告の価値も大きくあがり、地方局は地方局で番組を1日分作る経済的な体力もないため、人気タレントが出そろう番組とネットワーク費をもらえるという「WinーWin」な関係性ができあがっているのだ。

 

もしTVerで関東5局の全国向けの番組が同時配信されることになれば、地方局に番組を流してもらったりネットワーク費を払う必要性がなくなるか、少なくとも価値は大きく減る。そうなるとネットワーク費による収入で経営が成り立っている地方局は経営危機に陥るところも出てくるだろう。こうしたテレビ業界の構造が「ネット同時配信」を出遅らせているのではないか。

 

しかし、時代は時代である。非常に大きなお金が動くテレビ業界と言えども、時代に乗り遅れてしまえばどんどんコンテンツは矮小化し、収益も下がっていく。私個人としても毎日テレビを欠かさず見ていた「テレビっ子」だったのにも関わらず、インターネットを利用するようになってからテレビコンテンツを見る機会がめっきり減ってしまった。再び視聴者を取り戻すためには、テレビからインターネットに向かってしまった人々を、インターネットの良さを利用し、普通にテレビを見るより増して、楽しみながら便利にテレビ視聴できるプラットフォームを作ることが求められる。

 

地方局にとってもTVerに参入して全国向けの番組を作ることで幅を広げたり、アイデアや企画で地方の番組の良さを追求していくのも悪いことばかりではないはずだ。むしろ、「テレビ番組」に固執せず、これまでテレビで培ってきた映像・編集技術を活かしインターネットとマッチした「オリジナルネット番組」作りをするなど「挑戦」すれば、人気コンテンツを産みだすこともできるかもしれない。

 

TVerにはこうしたプラットフォームになることを期待したい。インターネットの良さをふんだんに利用したテレビサービスなら、国民的なサービスになるに違いない。新しいことに挑戦しなければ、テレビの危機を脱することはできない。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
週間人気記事ランキング
最新記事
更新情報/Twitter
常論新聞
編集部からのお知らせ