大相撲春場所、負傷の稀勢の里が優勝 新横綱の初優勝は22年ぶり
 大相撲春場所は26日に千秋楽を迎え、新横綱の稀勢の里が13勝2敗で2場所連続2回目の優勝を果たした。    13日目に左肩を負傷しながらも強行出場した稀勢の里は、1差で大追う大関・照ノ富士


このコンテンツはSHIGEFIKA会員の方のみが対象です。会員の方はログインしてください。新規ユーザーの方は新規ユーザー登録ページから登録してください。

既存ユーザのログイン
   

  

FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 
SHIGEFIKA会員ログイン




パスワードを忘れた
新規登録
SHIGEFIKA会員とは
常論新聞
平均株価
最新記事

更新情報/Twitter
編集部からのお知らせ