【引きこもりニートが派遣事務の仕事する日記⑲】チャンネル登録14名感謝!ゲーム実況本格編集開始!編集の様子大公開。旧新人ちゃんとすれ違い&新人くんとカラオケへ

お久しぶりです。前回の記事1か月前だったんですね…。この1か月九州は大雨で大変でした。土砂の流入などで電車が不通になり、通勤時間帯の国道が大渋滞。さらに電車通勤の人が一斉にバスに流れてきたので、バスが大幅に遅延・缶詰通勤する羽目に。いつもなら始業30分前に着くのですが、バスが40分ほど遅延したため派遣以来はじめて遅刻を経験しました。読者の皆様の地域は被害なかったですか?

 

ユーチューブチャンネル登録ありがとうございます!

 

先日開設したユーチューブチャンネル。まだ動画を一本もあげていないにも関わらず、友人・会社の同僚の方等含め14人も登録して頂きました。チャンネル概要欄にも書きましたが、本格的なゲーム番組とネットラジオ番組を作っていく予定です。

 

早速ゲーム実況をするために編集ソフトをダウンロードし、ナレーションソフトを2万円で購入。編集ソフトは「DaVinci Resolve」を選択。元々映画などの本格映像作品にカラーグレーディングするソフトとして使われていましたが、それが動画編集、デジタル合成なども可能な統合型ソフトウェアになりました。無料版と有料版がありますが、無料版でも4Kまでの映像編集、VFXなどが標準搭載されている超本格的な動画編集を行えるソフトとして人気です。私も無料版で十分なので無料版を選びました。ようやく45万で購入した高性能パソコンが威力を発揮できます…(苦笑)。

 

 

こちらが編集画面。このブログでだけ先にお話ししますが、まずは「ゲーム実況」を第一弾にします。ゲームは老若男女問わず楽しめそうなフォートナイトにしました。いずれは準レギュラーのように出演してくれる友人らと、ワイワイしている様子をアップロードできたらいいなって思ってます。編集方針はユーチューブのTHEゲーム実況っていう感じより、テレビの「ゲームバラエティ」風に仕上げていきます。

 

自分でコンセプトを考えて、撮影して、それに見合うテロップや素材を作って、ナレーションを考えて…なんてやってるとテレビ番組のディレクターになった気分。

 

衣田ディレクターは考えました。トークスキルもなく、実際に収録してみると一人で話すことがほとんどない!これじゃ面白くない!

 

そこで思いついたのが「テロップ職人」「ナレーションツッコミ」。よく見ているテレビ番組で面白いと思っているもの「月曜から夜更かし」「世界の果てまでイッテQ」、業界人から評価の高い「日向坂で会いましょう」。これらの番組に共通するのは「ツッコミ編集」です。ナレーションやテロップでツッコミを入れていくことによって、些細な発言や出来事も、笑いに昇華して番組が進行していきます。その場で面白いことを話すスキルがない以上、あとからじっくりツッコミを考えて構成を考えたほうが番組としても成り立つし、収録も楽です。

 

そこで問題が新たに浮上。演者が自分なら、ツッコミを入れる人は別の人にやってほしい…。いや、本当なら演者は別の人にやってもらって、自分は編集に専念したいのですがそういうわけにもいかないのでそれは仕方ない。ただ自分でプレイして自分の声でツッコむのはなんか違う。せめて体裁だけでもナレーションは違う声でやりたい。

 

そこで思いついたのがナレーションソフトでした。テレビ東京の「モヤモヤさまぁ~ず」のナレーションでは音声合成ソフトウェア「VoiceText SHOW」が使われ、「ショウ君」として人気です。プロの現場、しかもバラエティ番組でもナレーションソフトが使われているなら、それを使わない手はない。ショウくんとは別のナレーションソフトなのですが、「かんたん!AItalk37話者パック」を2万円弱で購入しました。その中でナレーターとして採用するのは関西弁のイントネーションAI「やまと」くんです。キャラ立ってるほうがいいですしね。

 

その他、BGM・SE(効果音)選び、様々なフォントを利用したり影などを付けたりするテロップ作成、背景・キャラクター作成等、本格的な番組目指して奮闘中です。やること多すぎて全然進まない…。でもナレーションソフトに2万もの大金つぎ込んで、なんならパソコン代も含めたら個人として番組作るにしてはコストかけてるので、やるしかねえ!登録してくれてる人にも結構楽しみにしてもらってるという方多いみたいなので、期待に応えられるよう頑張ります。

 

旧新人ちゃんとすれ違いの日々

 

救出作戦以降、一気に仲良くなった感のある旧新人ちゃん。業務終了後に2時間くらい話し込んだり、一緒にゲームしたり、旧新人ちゃんもユーチューブチャンネルを作ってコラボする話が出るなど、単なる同僚ではなく友人として親交が深まりました。

 

コラボの話も出ていたこともあって、実は多くの人に紹介する前に旧新人ちゃんに先にチャンネルを紹介して登録してもらったり、いつか一緒に遊んでいるゲームを配信する可能性も考慮してユーチューブと同じ名前でゲーム登録していたりしていたのですが、名前がしっくりこなかったので作り直すことにしました。やり取りしていたインスタグラムも公開アカに変更することに。

 

そこですべてのアカウントを削除して作り直すことになったのですが、編集についての動画やテレビ番組スタッフのインタビュー記事を見て編集の勉強したり、実際に編集作業に没頭してしまい、アカウントを作るのが遅くなってしまいました。(名前を単に変更すればいいことに、後から気づきました…)

 

そして2日後くらいにようやくアカウントを作り直して一番にDMを送ったのですが、「まじで心配したんですけど!?」「ゲーム垢も消えてるし、インスタもおらんしほーんと心配したのに!!」と怒りのスタンプが送られてきました。確かにちょっと2日は長すぎましたね…でもマジで編集のことしか頭なかったんっす…。

 

そして月曜日、会社に行くとなんか旧新人ちゃんがよそよそしいというか素っ気ない気がする。普段ならたまたま会ったときは一緒に休憩室行ったりするのに、スタスタ一人で行っちゃうし。なーんか怒ってるなあって思って、しばらく様子を見ようというかほとぼり冷めるまで放っておくことにしました。

 

とは言え仲良かった人と急に喋れなくなるのって、なんか嫌な感じ。でも俺から話しかけたら嫌がられると思ったのでしょうがない。それが3日続いて、水曜日の業務終了後に男性同僚と二人で話してたら、DMにメッセージが。

 

「なんか私避けられてます?」

 

いやいやいやいや、避けてんのどっちやねん!って思いながら、「こっちが避けられてると思ってた」と返すと「本気で言ってます?」となんか怒っていそうなビビってしまうメッセージが返ってきました。

 

やり取りするうちに、どうやらお互い避けられていると勘違いしていたようで、誤解が解けると「私(優秀な女性職員)さんに衣田さんが素っ気ないって相談してましたあ」「なんか急に嫌われたと思って結構ショックでした。何したかなあて考えても心当たりなかったし」とのこと。相談したいのは俺のほうやっちゅーねん!

 

次の日、今日は普通に喋れるかなって思ってたら、朝もなんか素っ気ない気がする!結局業務終了まで一言も会話せずに、いつものようにタバコを吸わないくせに喫煙所で一人でボケーっとたそがれていました。すると後ろの透明のドアからバンバンバンバン!!!と叩く音がする…ビビって振り返ると旧新人ちゃんでした。

 

2人で話していると男性同僚さんも参加して3人で談笑。しばらくすると社員さんが施錠しはじめたので、場所をコンビニの外にある喫煙コーナーに移動することに。3人で行くつもりだったんですが、男性同僚さんが「俺は帰りますね!お疲れ様でした」と言って帰っていきました。

 

そこで今までのすれ違い状態を振り返るタイムに。旧新人ちゃん曰く、全然視線を合わせようとしないし、ロッカールームに入った瞬間一瞬視線あったのに無視された(ように見えた)ことから嫌われたと勘違いしたらしい。お互い相手のちょっとした表情とか行動で勘違いがはじまり、話せない状況にまで陥ってしまっておりました。

 

旧新人ちゃん曰く、「私前から思ってたんですけど、衣田さんの話とか聞いてて、私と考えてることとか感じてることとか似てるなって。そう感じません?同じこと考えてるからすれ違ったと思うんですよ」

 

確かにそうだと思います。でもなんとなく似てたり、同じようなこと考えてるって感じることが多いので親近感が増して、仲良くなれた気がする。第一印象はリア充そうなかわいい女の子って感じだったので、自分と違う世界の人間だなと感じていて、仲良くなることはないだろうって勝手に思っていましたが。いろいろと大変な事情もあるみたいで、心から幸せになってほしいと願う数少ない友人の一人です。

 

新人君が心配に…

 

もう一人心配な存在なのが新人くんです。話すときは笑顔で明るいのですが、どこか表情がうつろで違和感を感じていました。今月の中頃くらいに一週間まるまる休んだ時があって、その休み始めた初日に「最近、新人くん元気ない気がする」と新人ちゃんと男性同僚に話していました。2人は「雨やから単に怠いだけやないすか?」とのことでしたが、「そうなんですかねえ」と言いつつなんか腑に落ちない。

 

次の日もお休みだったので、心配してラインを送るとやっぱりメンタル的にやられていたそう。いろいろと打ち明けてくれて、無理せんとしばらくゆっくり休んどき!これるようになったらおいでと言って終了。

 

新人くんがお休みが続き、男性同僚も体調不良でおやすみの日があり、久しぶりに昼ご飯一人で食べなければいけない事態になりました。一人寂しくご飯を食べ終えて、いつもなら喫煙所でお話しするのですが、今日は話す相手がいないため即座に業務室にあがろうと通用口をに向かうと、通用口すぐ目の前にある喫煙所に旧新人ちゃんがいつもと違って入り口付近で話しているのが見えました。

 

珍しいなと思って通用口付近までくると、旧新人ちゃんがこちらに気づいてこっちこっち!と手招き。話していた相手は優秀な女性職員さんで、二人に「おつかれっす!」と挨拶しながら喫煙所に入りました。すると旧新人ちゃんが「今日衣田さん元気ないなって思って。朝の挨拶とかいつもと違って元気なかったんで、ずっと待ってたんですよ」。

 

こいつ…めっちゃ良いヤツかよ…。

 

意識してたつもりはなかったんですが、確かに二人が休みと聞いて「今日俺一人か…」と寂しく感じていたのでそれが知らず知らずでていたのかもしれません。人見知りで不器用ながらも、こういう人柄の良さとか心の優しさに彼女の魅力を感じます。だからこそ幸せになってほしいのです(大事なことなので以下略)。

 

そんな旧新人ちゃんの優しさにも助けられながら、仲良しの新人君がいない日々が続きました。週の中頃に朝ラインで「仕事いきたいのにいけない。つらいっす。話したい」とメッセージが届きました。しかし、夜になると「すみません。今やっぱり話せるメンタルじゃないです…」「明日は行きたい」「宣言します!」と自分でプレッシャー書けるようなこと言い始めました。だいぶキツイ状況が伝わってきたので、「自分でプレッシャーかけるなよ」「行ける時と行けない時があるなら、いつか行ける時って必ずくるしその時にしっかりきたらええで。話せそうなときいつでも声かけて」と伝えて終了。

 

自分が病んでいた時に旅行に行ってすごく気分転換になったので、もう少し元気になったら自分が金だして東京に一緒に連れて行こうと画策していました。そして次の週、新人くん遂に復活。明るい笑顔も見えましたが、抗うつ剤を飲んでいるらしくその副作用で不眠・嘔吐が続いてるのだとか。

 

急遽カラオケへ!

 

一昨日、東京行きたいなあとそれなりに伝えたところ、新人君が「俺カラオケ行きたいっす!」と言うので、「カラオケ行くか!」と急遽決定。業務終了後の喫煙所でそんな話をしていると、またもばんばんばん!!と扉をたたく音がして、見ると旧新人ちゃんが登場。いつもと髪型違って気合入ってるので、「今日デート?」と聞くと駅の近くで女友達と久々に食事するらしい。

 

「お、奇遇やな!俺もこれから(新人くん)とデートやねん」「え、どこいくんですか?」「カラオケ」「今から?」「いや(新人くん)は今から自動車学校があるから、それ終わってから?俺はそれまでヒトカラ」「あ、じゃあ一緒に(駅)行きません?」

 

バスで行くのかと思ったら、「もうバス間に合わんから歩いていきましょ!」ってことで30分くらい掛けて、駅に向かうことに。歩いてる途中「あと2分したらあのバス停にバスくるみたいですけど、バスにします?」という旧新人ちゃん。いやバスあったんかい!!でも2分で通行量がはんぱない道路の反対側に行くなんて無理で、歩くことを選択。バス停とかコンビニの喫煙所で永遠と喋ってはいたものの、会社外で一緒に歩くって何気新鮮でした。

 

毎日1時間かけて歩いて帰るという旧新人ちゃん。ヒールみたいな靴を履いていたのですが、「今日めっちゃ靴擦れして痛いんです」って靴擦れして赤くなっているかかとを見せてくれました。めっちゃ痛そう…ていうか靴擦れしてんならバスにしたほうがよかったやろ…。大阪にも歩くことに異常に執着のある男がいましたが、歩くの大好きな友人二人目発見です…(苦笑)。

 

あっと言う間に駅前につくと「これからどうするんですか?」「うーんとりあえずカラオケ探しやな」「今から郵便局行くので一緒にいきません?」ってことで、郵便局までお付き合い。「ここで待ってるわー」と言ってその場で待ってたのですが、入り口が駅の外にあって旧新人ちゃんがそっちに向かって歩いていきました。ここよりその前のベンチで待ってたほうがいいなと思って出てくるまで待っていると、駅の中にある入り口から出てくる旧新人ちゃん。そっちにも扉あるんかい!って思って慌てて行くと、キョロキョロ辺りを見渡す旧新人ちゃん。「焦った!どこ行ったかと思った!」。もうちょっと慌てふためいてる様子を観察するのもよかったかもですね…(笑)

 

「食事終わったらカラオケ覗いてもいいですか?」「ええよ」「じゃあ私買い物するんで!」「おう、楽しんでな!」とお別れ。

 

そしていよいよカラオケへ。ずっと行きたかったんですけど、なかなか行けなかったので楽しみでした。初めて行くお店をチョイス。細長いビルの2階にあって、結構綺麗な建物でした。めちゃくちゃ感じのよさそうな男性店員さんにあとから一人来ることを伝えて、DAMを選択。私の難敵である「精密採点」と久々に対峙したかったのです。

 

精密採点もいろいろバージョンがあるようで、「精密採点DX-G」というものになっている…。なんやGってゴキブリか!!と心で謎の挑発をしながらいざ勝負!

 

これまで80点後半は出るものの、精密採点で90を超えたことがない私。新人くんがくるまでの3時間ひたすら一人で精密採点と戦い続けました。ところが…というかやっぱり、こいつがまあ手ごわい手ごわい…。88は出ても90はでない相変わらずの展開。

 

でもやっぱりヒトカラってめっちゃ楽しくて、大声で歌えるからストレス発散になります。途中からもう精密採点で90超えるのは諦めて、ひたすら久々のカラオケを満喫していました。バックナンバーめっちゃ歌いまくったった!

 

9時過ぎ、ようやく新人くん到着!「履歴みよっと!」と言われ、自分の歌ってる履歴みられた・・恥ずかしいわ!「めっちゃ陽キャじゃないすか」と言われたので、ここからはアニソンチョイス。God knowsを歌うと、新人君から「声量やば。普段から考えられない…」と”声の大きさだけ”褒められました(笑)。新人くんもアニソン入れる。

 

するとめっちゃ声高くて、かなりうめえ。カラオケ行き慣れてる感ありました。でも精密採点では私と同じく90の壁が立ちふさがっているらしい(笑)。そういう共通点があったのでめっちゃ歌いやすかったです(笑)。ここに精密採点90を超えられない男たちの挑戦が始まりました…。

 

アニソンタイム、野球関連タイム、オレンジレンジタイム、沖縄系ミュージシャンタイムなど、関連のある曲をチョイスするみたいな選曲方法になり、再びアニソンタイムに戻った時のこと。化物語の「君の知らない物語」を歌いきると、なんと89点!!!そしてDX-Gの新機能、ボーナス加点で90点超え達成!!だれや!ゴキブリとか言ったやつ!!お前はとってもグレートだよ!!(猛烈な手のひら返し)

 

いやあ、あっと言う間に新人くん来てから4時間経過して時刻は1時。私はもう終電がないので始発までカラオケで過ごすことに決定しましたが、新人君はバイクで帰ることに。親友が島流しを食らってカラオケ友達がいなくて困っていたのですが、めっちゃ楽しかった!新人君も楽しんでくれたみたいで、帰り際に「今日めっちゃ楽しかったっす!」って言ってくれました。最近元気なくて心配していたんですが、とっても楽しんでくれていたみたいでよかった。

 

あ、途中で覗きにくると言っていた旧新人ちゃんなんですが、私があまりにも精密採点と格闘に興じていたため、ダイレクトメッセージを見るのが遅くなってしまい、「バスの時間あったから覗きにいこうと思ってたのに!」と残念ながら覗きにくることはかないませんでした(笑)。

 

今月は大雨といい、いろいろな出来事があった月でしたね…(まだ終わってないけど)。

 

以上、引きこもりニートが派遣事務の仕事する日記パート19でした。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 

衣田 史景

元ローカル新聞社報道部記者見習い。街のイベント、お店などを中心に取材をし、時には市役所、警察など遊軍も経験。学生時代に写真部だった経験を買われ、カメラマンとして先輩記者の取材に同伴することも。現在は引きこもりで、記者を目指しながら、オピニオンサイト「SHIGEFIKA」などを運営。

最近の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter