【引きこもりニートが派遣事務の仕事する日記②】一番の落ちこぼれからミス大幅減少!いよいよ運用スタート!現在のお仕事をはじめて1ヶ月が経過しました

お久しぶりです。いよいよ12月ですね。今年ももうあと1ヶ月ですか…。早いものです。この時期風邪やインフルエンザなど体調を崩す人が多いみたいなので、読者の皆様もお気をつけください。

 

前回は自分の趣味を紹介した記事を書いたのと、工事の時と違って毎回同じ内容を書くことになるので、「引きこもりニートが仕事する日記」しばらく更新していませんでした。今回でようやく2回目ですか。この仕事をはじめて約1ヶ月経過しましたので、感想等を書いていきたいと思います。

 

落ちこぼれからミスなしに成長?

 

研修期間も終わり、いよいよ本格的に運用もスタートしました。以前も書きましたがミスしてはいけないお仕事、やる行為自体はまったく難しくはないのですが、「ミスをしない」というのがハードル高めです。人間というものどんなに単純・簡単作業でも必ずミスをするものですから。

 

それに加えて私、研修期間中誰よりも一番ミスが多く、かつ作業スピードも遅い…。書類をとんとん綺麗に整理する練習からはじめるという有様でした。他の同僚はキレイに書類整えて、しかもミスも私より少なく、作業スピードも早い…。監督する女性上司に「他の人と比べて何が違うんですかね?」と相談したところ、「紙とかの扱い方とかかなあ?でもそれくらい」とのこと。そこで「来週からみんなの作業を見て、どうやってるか見ましょうか」と、ありがたいことに作業の様子を見て、良いところを盗むことができる練習をやっていただけることに。

 

そして次の週、実際に他の人の作業の様子をみながら確認していくということになりました。自分はマニュアル通りにしっかりやっていたのですが、他の人は省略できるところは省略していていたり、ちょっとした細かいやり方もいろいろと勉強になりました。ゲームでも上手い人の動画とかみて「盗む」の大好き人間な私にとっては、他の人の作業確認できるのはありがたい。

 

が!いざ自分の番になると、監督上司、同僚、他の部署から応援にきた正社員の男性、同じく他の部署から応援にきていた派遣か契約社員の女性に無言で囲まれてじーっと見られ、めっちゃ緊張。緊張しすぎて体が震えてしまい、「衣田さんちょっと深呼吸しましょうか」なんて言われちゃいました(笑)。自分でもめちゃめちゃガクガク震えてるのがわかって恥ずかしかったー…。社交不安障害の可能性が高いと診断されたことあるので、おそらくそれの回避行動ってやつなのかなって思います。

 

でも20歳の同僚の女性から、自分がなにか作業するたびに「衣田さん震え出しますよ(笑)」などとネタにしてもらってるので、まあいっか…(苦笑)。

 

そんな落ちこぼれな私、ミスする度に会社のパソコンのメモ帳に記録をつけていって、どういうミスが多いのかを整理していきました。休憩時間や暇な時間にそれを何度もチェックすることで、同じ場面にでくわしたとき「これ注意しておこう」と意識しやすくなって、ミスが大幅に減ってきたように思います。むしろ練習期間中に大量にミスして、大量にメモ帳に記録できたことで、対処法がどんどん自分の中で増えていくようなそんな感じでした。

 

運用が実際にはじまって、1週間以上が経ちました。ここ2日は取り扱う量が10倍以上に一気に増えましたが、最もミスの多い入力作業で今の所まだミスはありません。うっかりミスみたいなのも減ってきて、あとはどれだけ作業の処理能力を早められるかという感じでしょうか。作業を早めるとミスが増え始めるんですけどねえ…。

 

電車の遅延が多いのと、通勤によるストレスを軽減するため、今月はバス通勤にします

 

以前もブログで書きましたが、仕事そのものより通勤が一番憂鬱でした。電車の本数が少ないため、遅れが出て次の電車に乗ったら会社に遅刻かギリギリ。さらに遅れてくる分、駅に人が集まり始め、ようやく着いた電車に一気に雪崩れ込みます。ダイヤの組み方にも個人的に不満があって、帰宅時間帯である6時から6時半まで電車が一本もなく、そのため6時半にやってくる電車に大量の人が乗り込んでいて、2両編成の電車がいっぱいいっぱい。乗るのを諦めざるをえない時もありました。

 

最近はたまたま次にくる電車が4両編成だということを知って、わざと一本送らせて4両編成に狙って乗車しています。このお陰で帰宅の通勤ストレスは大幅に改善されましたが、朝も夜も結構遅延が発生してバスに乗らざるをえないか、寒いホームで20分くらい余分に待たされることも…。

 

一方で、バスだと自分の家の近くから、会社の目の前まで一本でいけますし、通勤時間も20分短縮。朝出発する時刻も20分変わります。朝の20分ってかなり大きいです。人もそんなに乗っていなくて、通勤ストレスはほぼなしに等しい。デメリットは一点だけ、運賃が高すぎる…。往復1000円近くします…。定期代も1ヶ月2万超え。

 

先月は、バスと併用っていう感じでしたが電車通勤をメインにしてみたので、今月はバスメインで通勤してみたいとおもいます。この都市の交通の不便さは本当になんとかならないものでしょうかね…。田舎に住む宿命か…。

 

来週は新人さんがやってくる!

 

4人でスタートしたんですが1名退職されて、現在3名+他の部署からの応援という形で業務を行なっています。業務をこなしていったりする中で、上記のようにネタにされるなど、ほか2名の方ともだいぶ仲良くなれました。この前は、私語していて注意されることもありましたけど…、それだけコミュニケーションとりやすい人ともいえます(物は言いよう)。仕事を続ける上で最も大事な人間関係はかなり良いです。

 

自分みたいな人間が、若い女性の職場でちゃんと受け入れてもらえるのかっていう不安がかなりありましたが、ちゃんと受け入れて頂いてめっちゃ安心しました。

 

正社員の方も良い方です。自分が電車一本遅らせるので業務終了から電車に乗るまでに1時間以上かかります。最近だんだん寒くなってきて、ホームで40分近く待つと風邪ひきそうになり、「業務終了後に休憩室を使わせてほしい」とお願いしたところ、オッケーを頂いて、今30分くらい使わせてもらっています。それだけでもありがたいのですが、私がくる前に電気と暖房をつけてくれていたりして、めちゃめちゃありがたい。

 

そんな素晴らしき人間関係の職場ですが、来週新たに2名加わるそうです。自分もまだ1ヶ月なので新人みたいなもんなんですが、どんな人がくるか楽しみです。20歳の同僚は「二宮和也似のイケメン」が良いらしいですが…(苦笑)。

 

自分もお昼に一緒にごはんを食べられる同い年くらいの男性だったらいいなとか思っているのですが、いずれにせよ既存メンバーのなかに入っていくのって最初は結構大変だと思うんです。なので、「話しかけやすい」とか、「困った時に質問できる」「相談できる」環境を自分たちで作っていけたらなと思います。まあ、自分のポンコツさを見たら「大丈夫かコイツ…」ってなって、相談するの躊躇われるかもしれないですけど(笑)。

 

来週から楽しみです!今月もお仕事がんばりたいと思います。以上、引きこもりニートが派遣事務の仕事する日記パート2でした。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 

衣田 史景

元ローカル新聞社報道部記者見習い。街のイベント、お店などを中心に取材をし、時には市役所、警察など遊軍も経験。学生時代に写真部だった経験を買われ、カメラマンとして先輩記者の取材に同伴することも。現在は引きこもりで、記者を目指しながら、オピニオンサイト「SHIGEFIKA」などを運営。

最近の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter