妄想都市でサイトコンテンツ拡大構想!ユーチューブ、新聞を充実化させたい。大阪や湯布院等がモデルの「常論市」をご紹介

今日は引きこもりニートが仕事する日記をお休みし、完全趣味の話題になります。話はさかのぼって、工事の仕事をする前。本サイトのコンテンツに問題を抱えていたことからはじまります。個人制作で作っていたSHIGEFIKAの機関紙「常論新聞」のこと。自分自身の私生活ニュースから、ホームページに関するお知らせを新聞として発表するものなんですが、いまいち使いこなせていませんでした。

 

パソコン版のみですがせっかく「紙面ビューアー」も作ったし、もっとうまく活用したいと思っていて何かいい方法はないかと考えました。その結果思いついたのが「ゲームとの融合」そして「妄想都市構想」でした。昨今、ゲーム実況が非常に人気で、e-スポーツ大会の普及もあったり、ゲーム界隈ってなにかと活気付いています。自分もちょっとゲームと自分のウェブサイトをうまく連携させて時代の波に乗っておこうじゃないかと。乗るぜ!ビッグウェーブに!

 

それから妄想都市をうまく展開させると新聞との相性って抜群に良いと思うのです。都市づくりだと社会性があったり、時事ニュースを反映させたりしてストーリーをさらに付け加えたりすることもできなくはない。ビッグウェーブに乗っちゃうとか言っちゃいましたが、乗り方は完全に自己流の自己満足。単純にゲーム実況したりとかではありません。完全に自分の趣味であり、自己満足であります。ただ自分で作るだけではなく、しっかり世に出して一緒に妄想都市を楽しんでくれる人がいたらいいなって思ったり…。

 

実はこの構想7月頃から考えておりました。少し長くなりますが具体的なイメージはこんな感じです。

 

自分の持っているゲームとサイトを融合し、妄想都市を作り上げていく!

 

まだ構想の段階でしかないのですが、私が持っているゲームとユーチューブチャンネル、上記のオリジナル新聞、そしてSHIGEFIKAを活かして「妄想都市」を作るというものです。具体的に言えば、都市開発ゲーム「A列車で行こうExp」でマップ&街の景観を作っていき、「ウイニングイレブン」でスポーツを、「FPS」で軍事を、「GTA5」で社会生活を表現していきます。

 

ユーチューブで開発の様子を編集したゲーム実況動画をアップしたり、常論市の「テレビ」として常論市のサッカーチームの試合中継風動画、ニュース風動画などを公開。オリジナル新聞では開発の進展具合、ゲームの進展具合、サッカーチームのスポーツ結果などを新聞記事にして公開、裏設定やストーリーちっくなものも新聞で明らかにしていきます。異なるゲームを新聞や動画、サイトで一つの妄想に繋げてやろうということです。

 

早速、常論市をご紹介!

 

1.「常論駅」

 

 

 

こちらが繁府加国常論県常論市のなかで最も大きなターミナル駅「常論駅」。常論鐵道(常鉄)の在来線、高速線のほか、地下鉄線、私鉄などの駅も近くに存在しており、常論市で最も栄えている場所。大阪府民の方はお気づきと思いますが、モデルは大阪駅。実際の大阪駅よりもホームの数が一つだけ多くしてあります。そして現実の大阪では開発が進められている旧梅田貨物(通称梅田北ヤード)は、常論市では貨物ターミナルになっています。この周辺は常論県民から「ニシ」と呼ばれ、多くの人が集まります。

 

2.「県庁・市庁舎・官庁街」

 

 

常論市駅少し東に位置するところに、県庁や議会、官公庁街が存在します。写真やや右にある大きな建物が県庁で、その前にある池に囲まれたレンガ建造物などが議会と市庁舎、関連施設。写真左手側にあるビル群の通りが警察本部、消防本部、国家機関などの官庁街になっております。

 

3.「常論城公園駅」

 

 

 

常論市駅から北に2駅離れたところにあるのが「常論城公園」駅。昔天下統一を果たした武将の居城が現存。元々は常論城周辺に官公庁街や県庁が存在していて常論市の行政機能の中心になっていましたが、現在は先ほど紹介した場所に移転。ただ中心部だった名残から、証券取引所や銀行の本店など重要な施設はいまだ健在。そのほかコンサートが行われる劇場などもあるため、大きなイベント・催しなどでもここに訪れる人多数。

 

4.「斜浜」

 

 

 

 

常論市の海の玄関口であり、若者が集うオシャレスポット。この一帯は「斜浜」と呼ばれ、国際観光港、イルミネーションスポット、海を眺められる公園、ショッピングモール、映画館、博物館などが集まっています。少し離れた場所にも総合運動公園、テーマパーク「常論ヴァイキング・キングダム」があり、全国各地からこの場所に憧れて移住する若者が増えている様子。空港との連絡橋がかかっており、海と空の玄関口が繋がっています。

 

5.「常論国際空港」

 

 

常論市の空の玄関口。海上に人工島で作られた国際空港。空港ではありますが、貨物船の港も整備されており、輸送トラックの配送センターも存在。陸海空それぞれ連携した物流拠点としての機能も併せ持っています。モデルは「神戸空港」。

 

6.「臨海副都心(夢島・名称未定人工島)」

 

 

 

 

カジノなどの統合型リゾートと、テレビ局やショッピングモールで形成される常論市の臨海副都心。IR施設がある「夢島」は、カジノのほか、映画館、ショッピングモール、温泉、ホテル、プール、観覧車、野外音楽堂、オフィスビル、展望タワー、運動施設、国際展示場、ゴルフ場、遊戯施設など外国人にも人気の観光名所。治安維持のため、警察署も配置されています。カジノ反対派が市庁舎周辺でデモを行うことも。

 

7.「工場地帯・企業城下町」

 

 

 

 

常論市の工場地帯。鉄鋼、化学等の重要な各工場が一気に集うため、空気の汚染が社会問題化。工場内には専用の鉄道が敷設されており、工場社員は在来線から専用の鉄道に乗り換えて各自の持ち場に移動します。工場敷地内にも在来線の一部や、貨物線が走っています。工場夜景スポットとしても人気。工場の反対側、近隣には社員や社員の家族のための団地群が形成され、企業城下町化しています。

 

8.「ヒガシ」

 

 

 

 

常論駅周辺の「ニシ」と比較して使われる「ヒガシ」。常論市の商業機能の中心で、大きな商店街やデパート、飲食店などが立ち並んでいます。展望タワーや動物園もあって休日は若者で溢れかえっています。モデルは「心斎橋・天王寺等」

 

9.「京都駅風」

 

 

 

常論市北部に位置する京都風駅。まだまだ開発途中なのであまり建物がありませんが、歴史的な建造物やお寺、神社などがある街並みにしたいとおもっています。映画村も置く予定。モデルはもちろん「京都」。

 

10.「城ヶ崎温泉」

 

 


 

常論市の東側は温泉資源が豊富で、常論市の観光をリードする「2大温泉街」の一角。城ヶ崎温泉駅から正面に見える温泉旅館は高級旅館として全国的に有名。いくつかの温泉を巡りながら城ヶ崎を満喫するのが最もポピュラーな観光の仕方になっています。城ヶ崎城周辺は温泉、土産屋、和菓子屋などが並び「常論の小京都」化しています。常論本線の一部はこの駅が終点。湯城線は始発駅。カジノ反対派が最も多い地域で、表向きは治安の悪化、ギャンブル依存症ですが、実際のところは観光客減少に繋がるからという噂も。

 

11.「湯ノ霧(ゆのきり)」

 

 

 

 

 

 

 

2大温泉街の一角、「湯ノ霧」。湯ノ霧と城ヶ崎温泉駅を結ぶ路線の名称を「湯城線」と呼び、温泉愛好家や観光客などが利用しています。モデルは湯布院。湯布院に定期SLを走らせるという撮り鉄ロマンを実現することができました。SLによる町おこしが両温泉街で行われています。湯ノ霧温泉駅に到着したSLは転車台で方向転換を行います。街の南側では稲作が盛んです。

 

12.「湯ノ霧地熱発電所&湯ノ霧展望台」

 


 

 

温泉資源が豊富な東部は地熱地帯になっており、クリーンエネルギーを推進する繁府加政府の思惑もあって地熱発電所を設置。自然エネルギーの中でも天候に左右されないという大きなメリットがあるため、政府が研究に最も力を入れています。地熱発電所が設置される時、温泉組合などから懸念の声があがりましたが、温泉への影響を温泉組合立会いの元でモニタリングを実施するなど、理解を得る活動を継続的に行っており、現在は関係良好。

 

湯ノ霧からゆのきりハイウェイで湯ノ霧地熱発電所に向かう途中にあるのが「湯ノ霧展望台」。湯ノ霧の街並みが一望できます。

 

 

プロサッカーチーム「常論シーガルス・フットボール(常論シーガルスFC)」

 

オリジナルのプロサッカーチームも作りました。

 

 

ガンバ大阪サポなので、1stユニはガンバ風ユニにしました。胸スポンサーは「SHIGEFIKA」。

 

 

背中のスポンサーは常論新聞。

 

 

袖スポンサーは常論鐵道です。

 

 

 

2ndユニはシンプルに、ややレアルマドリードを意識したものになっています。上記の写真の選手は現在所属しておらず、オリジナル選手とサッカーをしていた芸能人をモデルにした選手などを所属させています。

 

このユニ着てウイイレの大会とか、e-sportsでてみたいななんて。

 

同じような妄想企業をお持ちのお方、ユニフォームにつけるスポンサー絶賛募集しておりますのでぜひお問い合わせくださいませ。そういう連携できるのもいいよね。

 

常論新聞のレイアウトが新しく!

 

 

常論新聞に広告をつけることにより、リアルな新聞に近づけました。こんな感じで、街の発展状況を記事化してお伝えできたらなって思っているのです。こちらも広告ついているので、一面広告も含めて、妄想都市、妄想企業をお持ちの皆様、広告掲載お待ちしております…。広告掲載といっても、ただのコラボみたいなもんでもちろん広告料は頂きませんので、お気軽にどうぞ!

 

あとはユーチューブで動画制作に挑戦したいけど…

 

メインコンテンツになるはずのユーチューブの動画制作。ただねえ、プログラミングの勉強もしなきゃいけないし、どのみちプログラミング用に新しいパソコンに買い換えるつもりなので、そのパソコンで動画制作しようとはおもっているのですが、お金もかかる!

 

息抜きにするとしても、動画制作だけでどれだけ時間かかるか…。時間に余裕がないとちょっとなかなか進まないのが難点ですね。あー、パーマンのコピーロボットくんがいれば、仕事いってもらって動画制作できるのに…!

 

長くなってきたので、記事を二つに分けます。次の記事では常論市に登場する妄想企業・団体などをご紹介します。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 

衣田 史景

元ローカル新聞社報道部記者見習い。街のイベント、お店などを中心に取材をし、時には市役所、警察など遊軍も経験。学生時代に写真部だった経験を買われ、カメラマンとして先輩記者の取材に同伴することも。現在は引きこもりで、記者を目指しながら、オピニオンサイト「SHIGEFIKA」などを運営。

最近の投稿
カテゴリー
月別アーカイブ
Twitter