ソロバレンタイン

今日は2月14日、バレンタインの日ですね。クリスマスと並ぶリア充と非リア充の差を嫌でも痛感させられる「悪魔の日」でございます。義理チョコに友チョコに逆チョコにファミチョコに…ともうチョコさえ売れれば「なんでもアリ」感はんぱねえ〜って思うのは私だけでしょうか?(苦笑)。

 

あのゴディバが「義理チョコをやめよう」と新聞広告を出せば、有楽製菓が「よそはよそ、うちはうち。『日頃の感謝を伝えるきっかけ』として義理チョコ文化を応援いたします」とツイッターで反応。義理チョコ論争が勃発しております。

 

私は学生時代に義理チョコしかもらえませんでした。当時は義理チョコでももらえたらうれしかったもんです。でも義理チョコはあってもいいけど、本当に親しい間柄だけでいいんじゃないかなあって思います。会社の同僚とか、学校のクラスメイトだからとりあえずみたいなチョコレートはいらないんじゃないかなあ。お返しも大変ですし、本当に関係が強い人だけでいいと思いますね。

 

さて、私は今年”も”誰からももらえそうにないので、ソロバレンタインとして冷蔵庫からチョコレート引っ張り出してきて食べてきました!

 

 

うめえ〜(涙目)←

 

これノンシュガーチョコレートなんですが、しっかりチョコレートの味がしてて大好きです。私と同じ境遇のソロ男性はぜひ食べてみてください。

 

みなさま、よきバレンタインを。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 

衣田 史景

元ローカル新聞社報道部記者見習い。街のイベント、お店などを中心に取材をし、時には市役所、警察など遊軍も経験。学生時代に写真部だった経験を買われ、カメラマンとして先輩記者の取材に同伴することも。現在は引きこもりで、記者を目指しながら、オピニオンサイト「SHIGEFIKA」などを運営。

最近の投稿
カテゴリー
Twitter