小学校の同級生と6時間カラオケ、そして面接の結果が届きました

昨日の夕方、家でのんびりとしていたら、3ヶ月ぶりに小学校時代の友人から電話が掛かってきました。たわいもない話をしたあとに、急に改まって「大事な話があるんよ」と切り出されました。(またも同級生が結婚か…)と頭をよぎりましたが、「俺、新しい仕事が決まった」とのことで、4月から別の県に行くというのです。彼とは小学校1年生で同じクラスになり、とある日の休み時間にトイレで俺が「友達になろ!」と彼に話しかけると、「うん、いいよ!」と返してくれて、それ以来仲良くしてもらっています。それだけで友達になれるって、今になって思えば本当純粋ですよね…。

 

相手が社会人になり、私も引きこもりとして過ごしている間は会う機会も減りましたが、何かあると報告する仲ではあります。仕事を始めれば、今住んでいる県に帰ってくることもなくなりそうで寂しくなりそうです。しかし、安定のある仕事に就けたことは彼の人生にとっても大きなことで、喜ばしいことです。精神的にもずいぶん楽になったと思います。幸せな人生を歩んでくれ。親友よ!

 

仕事といえば、先日受けた面接の結果が昨日届きました。結果はやはり「不採用」でした。ただ、結果を見て正直ホッとした気持ちになりました。もちろん、再び記者になれなかったのは残念極まりないのですが、面接でお互い条件面で合わないことがはっきりしていましたし、面接官とのやりとりのなかで、働いていく上で不安になる部分も感じていました。この結果はお互いにとっても良かったと思います。尤も引きこもりやニート経験のある経歴の持ち主を、貴重な時間を割いて面接していただいたことは感謝しかありません。今後に活かせる貴重な経験になりましたし、結果的に大学時代の友人と会えましたし、外に出るきっかけを与えていただきました。こういう結果になってしまいましたが、ショックというよりは私自身が「何歩か前進できた」というポジティブな感情で、すんなりと受け入ることができています。また次の面接などで活かしたいですね。

 

6時間カラオケ

 

その後、友人が我が家に来て改めて報告を受けました。私の父母も彼の新たな就職先が決まり喜んでいました。

 

夕飯を食べて、久々に一緒にカラオケにいくことになりました。先日大阪でカラオケした時は2時間しか歌えなかったので、ストレス発散に長時間歌いたかったのです。母が行きつけのカラオケ店にいくことに。なんとお菓子やジュースなど、持ち込みOKなところでした。

 

会員証もアプリをダウンロードして店員さんに見せるだけで良いという…。時代は進歩していますね。部屋は2人にしては結構広い。

 

 

彼とはお互いに好きな曲はまったくと言って良いほど全然違いますが、気を使わなくていいので最高です。旧知の仲ならではですね。

 

私はカラオケに行くとはじめに歌う曲を「りれき」から選びます。結構りれき見るのが好きで、歌われている曲を見てだいたいこのくらいの世代が歌っていたんだろうなとか想像しています。今回はりれきの中から目についたアニメ・「スラムダンク」のエンディングテーマである「世界が終るまでは・・・」から歌い始めました。6時間歌って、私が歌ったリストは以下の通りです。

 

世界が終るまでは・・・(WANDS)
ヒロイン(back number)
シングルベッド(シャ乱Q)
最後の雨(中西保志)
365日の紙飛行機(AKB48)
なんでもないや(RADWIMPS)
夢灯篭(RADWIMPS)
前前前世(RADWIMPS)
スパークル(RADWIMPS)
君が好き(Mr.children)
残酷な天使のテーゼ(高橋洋子)
君の知らない物語(supercell)
staple stable(戦場ヶ原ひたぎ)
LEO(tacica)
天地ガエシ(NICO Touches the Walls)
FLY HIGH!!(BURNOUT SYNDROMES)
ともに(WANIMA)
RIDE ON TIME(Lumiere)
Everything(Misia)
やってみよう(WANIMA)
RIDE ON TIME(山下達郎)
OCEAN(B’z)
逢いたくていま(Misia)
ライオン(May’n/中島愛)
All I Want For Christmas(Mariah Carey)
乾杯(長渕剛)
DAN DAN 心惹かれてく(FIELD OF VIEW)
トリセツ(西野カナ)
あなたに(MONGOL800)
どんなときも(槇原敬之)
君さえいれば(DEEN)
君がいた夏(Mr.Children)
HERO(Mr.Children)
366日(HY)
TRAIN TRAIN(THE BLUE HEARTS)

 

途中で下手くそすぎて演奏中止した曲がいくつか入ってますが、合計35曲歌いました。こんだけ歌ってもまだ歌い足りない感ある私はやばいのでしょうか。でも、大声でこれだけ歌えるのはストレス発散になります。お金持ちならば、家にカラオケルームがほしいくらいです。

 

先日もそうでしたが、DAMの精密採点厳しい…。最高87点で、80前半や70後半が多かった。一番酷い点数は50点台後半でした(苦笑)。音域がものすごい狭いのが点数が伸びない原因の一つですね。低いところが歌えない…。

 

カラオケの点数はストレスになりそうでしたが(苦笑)。長時間のカラオケはやはり気持ちいい。とってもスッキリしました。あ、カラオケ仲間随時募集しておりますので、何を歌っても気にされない方は是非ご連絡ください(笑)。


FavoriteLoadingこの記事をクリップリストに追加する 

衣田 史景

元ローカル新聞社報道部記者見習い。街のイベント、お店などを中心に取材をし、時には市役所、警察など遊軍も経験。学生時代に写真部だった経験を買われ、カメラマンとして先輩記者の取材に同伴することも。現在は引きこもりで、記者を目指しながら、オピニオンサイト「SHIGEFIKA」などを運営。

最近の投稿
カテゴリー
Twitter